医療ミスを疑う場合は関係ありそうなことをメモとして残しておく

 

 

医師の医療ミスによって患者が死亡したり、といったような医療事故が発生した場

 

合には、これは刑事事件として警察、検察の捜査を受けることになります。

 

 

このような医療ミスが疑われるような場合には、患者の側がその医師や病院を訴え

 

るといったことになる場合もあるわけですが、そうした場合にはその医療ミスの証拠

 

となるような、何らかのものを持っているか否かが大きなポイントになります。

 

 

とはいっても、患者の側はカルテなどの医師側の医療用書類を取得することはできないでしょうから、その治療や手術などの前後の経過をメモしておいて、そうしたメモをその際の資料として提出する、といった手段を取ることになります。

このためには、何やら医療ミスが起こりそうな様子が伺えるという場合には、治療や手術の前後の経過をできるだけ克明にメモしておいて、実際に医療事故が発生してしまって、捜査ということになった場合に、それを資料として捜査機関に提供できるようにしておくことが必要となります。

また、そうしたメモを残しておけば、もしも裁判ということになった場合にも、それを法廷に裁判資料として提出することができるので、医療ミスが疑われるような場合には、患者本人や付きそう親族なども、できるだけ克明にわかる範囲でその前後の経過をしっかりとメモに残しておくことが必要となるのです。

 

コメント