医療過誤訴訟は実際は難しい

 

 

医療過誤の訴訟を行う場合、十分な医学知識を持ち合わせておかなければなり

 

ません。

 

 

最初にその医療過誤自体が本当に医療過誤なのかを見極める事が必要です。

 

ネット上などでも医療過誤の質問などを見かける事がありますが、医療従事者の立場では過誤ではないと考えられるものもあります。

医療行為は、患者の治療を行う上で絶対的に必要なものですが、その中で医療

 

過誤での論争を行うのは医学知識が必須です。

 

 

なぜならば、多くの医療行為は、医師によるインフォームドコンセントを行った上で

 

の行為であり、患者側は、それらを認識した上で治療を行っているからです。

 

 

そのため、一般的な弁護士で対応する事は難しく、医師免許を持っている者であるか、協力医による医学的意見をもって取り組まなければいけません。

相手が医学のプロである医療機関であるのでなおさらです。

訴訟を起こす前に相手医療機関などにカルテの開示を求め、これまでの経過などを理解しておくことも必要です。そして、これらの情報をもとに病態や治療が妥当であったか、そうでないのかを整理しなければいけません。これらのことから、医療関連の訴訟問題は、非常に労力を伴い、色々な準備で非常に難しい訴訟問題となります。

コメント