契約による義務を全うしなかったことによる民事責任

 

 

人間が生活していく上で生活活動、消費活動、生産活動の全てが契約の上によ

 

って成り立っています。買い物であれば購入契約、仕事であれば雇用契約、病院

 

に通院し診察を受けるにしても医療費を払うと言うサービス契約になるでしょう。

 

医師は患者の意思を尊重する事を第1に考え、その時点による最良の治療を行う

 

義務が発生します。
治療をするにあたっては患者の同意が必要な治療も有り、その時は患者に対して

 

その治療を行う事によって発生する可能性の有るデメリットを説明した上で同意の

 

意思を確認する義務が有ります。

 

その行為を怠る事は債務不履行になり、責任を問われる事になります。
更に同意を得て治療を始めてもその経過中に過失であっても、ミスが有った場合でも債務不履行となります。どちらにしてもその医師だけではなく病院自体が債務不履行責任が、問われ民事場合によっては刑事事件に発展する例も今までに数多く有ります。その時には医師及び病院には、このような事実になった事に対する説明責任が求められます。医療機器の進化も著しいですが、あくまでも操作するのは人間です。医師が患者の生命を預かると言う事が、医療現場での医師と患者の契約であり義務でも有ります。”

コメント