免許などの行政上の責任

 

 

免許の停止などの行政責任ですが、日本における医療過誤に対する罰則規定と

 

しては、被害者に対する債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償責任や使

 

用者による懲戒などに関わる民事責任と業務上過失致死傷などによる刑事責任

 

の2通りが原因となります。

 
しかしながら医療過誤自体は社会的な有益性の高い医療の遂行中に特化される

 

特殊性と、関連する判断については高度な専門知識が必要な為、何が過失で何

 

が故意なのか把握・認識された上で、法的責任の実行が必要かの判断はとても

 

難しいものとなります。

 
上記の内容を十分に把握した上で、医療過誤が原因とされる訴訟を実施することは難しく、刑事責任が確定した状態で再度民事賠償で満足のいく結果になるのは難しいです。
日本における医療過誤および医療事故による100万円以上の損害賠償を2回以上請求された医師については、医師のチェック機関となっている医道審議会では、医師免許の停止や剥奪などの厳しい措置をとること自体が極めて稀とされております。
この為、患者側は該当する医師の過去を知ることが出来ない為、問題のある医師であったことを立証することができません。
但し、マスメディアで医療事故が発生したケースでは医療過誤と判明される以前に誤報道とされるケースも多々あります。

コメント