過失による損害発生に対する民事責任

 

 

不法行為責任とは、故意または過失によって、他人の権利又は法律上保護され

 

る利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任をおいます。

 

ここで、故意とは、自分で認識してとか意識して行うことです。別な言い方をすれ

 

ば、重大な過失といえます。

 

また、過失とは、一般人であれば、注意すれば避ける事が出来たのに、注意力が

 

足りなくて避ける事が出来なかった、そして、他人に損害をかけてしまったと言うこ

 

とになります。

 

 

不法行為を行うと、訴えられ、裁判所の判断により判決が決定すれば、損害賠償請求されることになります。医療現場など不法行為に該当する事例は、医療上の誤り(ミス)などが該当します。そして、医療上のミスの証明は難しいく、医師が故意に、患者の病状を悪くさせるとか、死に至らせると言うことは、倫理上あってはならないことです。しかし、医者とて人間ですすから、過失については、あるかも知れません。しかし、一般人が専門の医師の過失についてどの様に発見し過失を追求できるかは、困難な面が多いのではないでしょうか?。また、裁判所が判断する場合においても、医師に精通する判事がどれくらいいるのか疑問です。だからと言って、医者の過失は許されるものではありません。”

コメント